下取りではなく中古車買取業者に車を売却する

業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。次のような流れになりますので参考にしてください。

売却の第一歩は査定です。まず査定サイトで車のデータを登録し、机上査定の金額を知ることから始まります。そして買取業者による現物査定が行われ、買取金額の提示となります。

提示額が不満なら交渉の余地があります。そして代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

契約締結後に車を業者に引き渡し、それから業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと売主の口座に売却代金の振込があります。手放すことにした車はもう古い車で、車検の期間も迫っていたので、引き取ってもらうにしても無料引取りになると思っていました。ですので、新しい車を買った業者さんにそのままタダで引き取らせてしまいましたが、引取りに出した私の元愛車が後日、結構な値段で売られているのを見ました。それなら、私も車買取業者に査定をお願いして正しい買取価格を調べてから決めればよかったと心底後悔しているところです。

査定額が満足でなければ、納得のいく料金を出してくれる買い取りディーラーに出会えるまで出向いてのアセスメントを依頼できます。しかし、短くない期間に渡って出張査定ばかり頼んでいると、その間に古い車の相場が下がってしまって、ロスをしてしまうこともあります。インターネットなどで大体の相場を把握しておき、妥協することが、ポイントかもしれません。

買取業者などが中古車の査定をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格取得が叶わないので、この民間資格を所持しているならば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。

何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

当然ですが車検切れの車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。壊れてしまって動かなくなった車を廃車にしようと思うと、費用として数万円かかりますから、専門の不動車買取業者を探して買い取ってもらうのが賢い選択だと思います。

ネットで探してみると、不動車の買取を専門に扱っている業者が見つけることができます。

廃車手続きを自分でするよりも買取をしてもらう場合のほうがかえって簡単かもしれません。

車の売却する折、ディーラーに下取りをお願いするのと買取業者に売るのは、どちらが得するでしょうか。最近は、一括査定などを駆使して、買取業者と取引する人が増加しています。

しかし、常に買取業者の方がいい選択だとは限りません。例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーを選んだ方が得であることもあります。トラックで人気な色といえば、昔からホワイトが不動の一番人気です。ところが、他の車種はどうなのかというと、ホワイト、ブラック、グレー系統が査定で人気が高い色だと言えますね。よく街中で見かける色、要するに、大勢から支持されている無難な色が買取においても都合が良いと言えます。

パール系やメタリック系の色になりますと、ソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。知人に聞いて「いいよ」と教えてもらったので、無料の出張査定サービスを呼んで車の売却を行いました。

自宅に来てもらったわけですがその時、出張してきた査定の人の作業の様子に少々感動しながら見物したことを覚えています。見ていると、かなり細かくチェックをしていく訳ですが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。わかりにくいところにわずかな傷が発見されましたが、これは自分では知らないものでした。「こんなのまで見つけるんだ、さすがプロの目はしっかりしている」と思いました。ですが、そんなに大きく減点されなかったので助かりました。過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

この修理歴車は査定時に大きく減額されてしまう要因となってしまいます。

そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて修理歴車として扱われるというわけではないのです。

車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう